一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | pookmark |
みなさん、こんにちは。

キウイフルーツの種類も沢山ありますが
今回買ったキウイ「レインボーレッド」は
中心の果肉が真っ赤なんです。




それに、このキウイ切ってみるとなんとハート型。
これだけでしたが見た目も可愛くビタミン・ミネラル
食物繊維と栄養価も高いので
好んで食べて頂きたい果物です。










無断で画像やレシピを転載
したり、掲載することを固く

お断りしております。






 
| 野菜・くだもの | 21:13 | comments(0) | - | pookmark |
みなさま、こんにちは。
新潟では今、とうもろこしの粒が光り輝く季節になりました。
そんなとうもろこしの先駆けに直売所には
白く光り輝くまるで真珠のような「ピュアホワイト」
並べられてありました。



地元産という事もあり人気なのか残念ながら残り2本で
友人と1本ずつ買い求め旬のとうもろこしを味わう事にしました。

このとうもろこしの特徴は、生で食べても甘くてジューシー
普通の果物なら糖度12度で甘いと感じるところですが
何とこのピュアホワイトは糖度17度にもなるという事で
早速私も果物ののように生で頂きました。

元々は栽培が非常に困難と言う事で生産地の北海道では希少価値と
されていたのですが最近ではこのように新潟でも生産をする農家さんが
増えてきています。

半分をかじって食べてみましたが滴るように水分が溢れ出てくるのを
こぼさないように食べるのが大変なくらいの水分量で
口の中は甘さで広がりまるでトウモロコシのジュースを飲んでいる様でした。

う〜ん、満足。
今年の夏を1つ満喫した気分でした。

残りはこのまま粒だけをそいでグリーンサラダに加えて頂きます。
さっぱりとした梅ドレッシングが合いそうです。













無断で画像やレシピを転載
したり、掲載することを固く
お断りし
ております。


















 
| 野菜・くだもの | 08:18 | comments(0) | - | pookmark |

 みなさま、こんにちは。

西洋梨「ル レクチエ」
出荷がスタート致しました。
ル・レクチェなどと書き方もいろいろですが
新潟県では「ル レクチエ」で統一されております。



「ル レクチエ」は芳醇な香りと絹のような果肉の滑らかさ
見た目の美しさから西洋梨の貴婦人と呼ばれ
新潟県のブランド商品として有名です。

10月に緑色のまゝ収穫し約40日間低温で追熟され
11月下旬〜12月下旬と言う短い期間に販売されます。
全国的に流通量が少ない為に
希少価値の高い果物なのです。

地元新潟ではスーパー等にも並びますが
県外の方はネット販売や

東京近辺ではこちらで販売されております。

http://www.pref.niigata.lg.jp/HTML_Simple/537/89/rekuchie(2),0.pdf


是非、1度芳醇な味と香りをお試しみください。




果物ナビより









お知らせ

野菜ソムリエによる
〜地元の旬食材を使った家庭料理教室〜
和洋折衷

新潟市万代3 新潟日報メディアシップ7F
日報カルチャースクール メディアシップ教室

第4日曜日  10:00〜13:00

 10月27日 スタート
11月24日
   12月22日

 取り敢えず3月までの6回コースになります。


受講料  @2,625X6=¥15,750

教材費  @1,050X6=¥6,300

お申し込み先  メディアシップ教室様
☎ 025−385−7340  

までお願いいたします。(^^)












| 野菜・くだもの | 08:41 | - | - | pookmark |

みなさま、こんにちは。

以前こんな記事を書きました。



枝に取り残された1個の立派な柿を収穫!

見かけはこんなに美味しそうなおけさ柿ですが
実は渋柿なので渋抜きをしなければ食べる事はできません。
折角なので家に持ち帰り、早速チャレンジです。

渋抜き方法

1.ヘタにホワイトリカーなどの度数の高いお酒を浸す。
2.新聞紙を敷いたビニール袋の上に1を置き密閉する。
3.7日陽の当たるところに置く。
4.開封してもう一回ホワイトリカーを付け5日後に出来あがる。




渋はすっかり抜けて
美味しい柿になりました。
日にちを置きすぎてしまったようで
熟しすぎましたが
冷蔵庫で冷やしたこの柿を
甘くて美味しいと
息子が食べてくれました。
お風呂上りには最高だったようです。








 



お知らせ

野菜ソムリエによる
〜地元の旬食材を使った家庭料理教室〜
和洋折衷

新潟市万代3 新潟日報メディアシップ7F
日報カルチャースクール メディアシップ教室

第4日曜日  10:00〜13:00

 10月27日 スタート
11月24日
   12月22日

 取り敢えず3月までの6回コースになります。


受講料  @2,625X6=¥15,750

教材費  @1,050X6=¥6,300

お申し込み先  メディアシップ教室様
☎ 025−385−7340  

までお願いいたします。





| 野菜・くだもの | 07:36 | - | - | pookmark |

 みなさま、こんにちは。

秋は美味しい果実が沢山実ります。
そんな中でも好物なのが無花果
無花果(いちじく)はクワ科の落葉高木
原産はアラビア南部で日本には江戸時代導入された。

その当時は「蓬莱柿(ほうらいし)」
「南蛮柿」等と呼ばれ外国の果物として
名前を付けいたらしい。

無花果という字があてはめられた理由には
花が付かない果実という事ではあるが
実は果実に見える花托の中には
無数の粒状の花がついている。
自然での花粉の媒介は蜂(イチジクコバチ)。
そういえば口の開いた無花果の中から蜂が
飛び出してくるのを何度か見た覚えがある。

無花果はカリウムを含み血圧を下げる効果が期待され
ペクチンを始めとした食物繊維も多い。

また白い乳液にはタンパク質の分解酵素が含まれ
消化・便秘に作用する。

私が好きなのは果肉のしっかりした
日本いちじくの蓬莱柿ですが最近は桝井ドーフィンなどの
皮も実も柔らかい西洋の種類が多く品種も増えてきている。



「蓬莱柿(ほうらいし)」



皮ごと食べられる。緑色の「ザ・キング」



| 野菜・くだもの | 09:38 | - | - | pookmark |

CALENDAR

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< July 2017 >>

SPONSORED LINKS

SELECTED ENTRIES

CATEGORIES

RECENT COMMENT

ご訪問有難うございます。

にほんブログ村 料理ブログ 食の安全・食の基礎知識(料理)へ

MOBILE

qrcode

LINKS

PROFILE

SEARCH